耐雪住宅

HOME > コンセプト > 耐雪住宅 克雪住宅

優れた構造技術で雪下ろしをしなくても安心な木の家を実現します

耐雪住宅の新しい提案

長岡や十日町のような雪国の暮らしにおけるとても重要なテーマが、冬の雪下ろしという問題です。
一夜で1m以上も積もることもあるこの多雪地域では、その都度雪下ろしをしなければいけません。そのままほっておくと建物に大きな負荷がかかり、建具が開かなくなるというような現象が起こります。最悪の状況だと、建物そのものが構造的に耐えられないということも予想されるのです。しかしながら、雪下ろしの労務も大変ですし、何より家族だけでそれが行えない場合は専門の業者に依頼しなければならず、金銭的な負担もばかになりません。だからこそ「耐雪住宅」「克雪住宅」という考え方が必要になるのです。
そこで、皐工務店が提案するのは、「雪が屋根に乗ったままでも安心」な無落雪型耐雪住宅と、「雪を自然におろしてしまう」落雪型耐雪住宅の二つです。

耐雪住宅

【無落雪型木造住宅】

屋根に積雪したままでも安心の木造住宅の提案

皐工務店が提案する「無落雪型耐雪住宅」とは、その名の通り、屋根に雪を乗せたままでも安心して暮らすことのできる住宅のことです。
まず、基本的には屋根をフラットにして雪が落ちないデザインにします。
 そして、そのエリアで想定される積雪の量から積雪荷重を設定して構造計算を行いながら全体の構造計画を決めていくのです。

 これまでの勘と経験が重視されている在来木造では、この積雪の果汁を数値化して計算する手法が不可能であるために、どうしても雪おろしをすることが前提で家の構造が決められていました。
 それが、私たちが採用する「SE構法」によって、全ての数値を計算によって明確にシュミレーションすることで、想定した積雪内においては安心した構造にすることができるのです。
もちろん、ビルトインガレージや3階建てなどもご提案可能です。

 この皐工務店のご提案が雪国の暮らしを大きく変えることも期待しています。

SE構法の詳細はこちら

無落雪耐雪住宅

【落雪型木造住宅】

雪を自然に降ろす木造住宅の提案

皐工務店が提案するもうひとつの耐雪住宅が、「落雪型木造住宅」です。雪を中途半端に屋根に残すのではなく、屋根勾配を高くして自然に振った雪を落とすデザインにするという提案です。 昔ならではの「合掌造りの家」もそんなコンセプトで造られています。
 デザイン的には小屋裏を居室にするというような形なので、大きな床面積のプランニングの際は、広い敷地を必要としてしまいますが、それほど大きな家を必要としないケースでは、コスト的に考えてもパフォーマンスの高い建物が可能になります。
 例えば、高齢者用に計画するコンパクトな住居や、ビルトインガレージに部屋を2Fにプラスアルファで造る計画時などは、とても効果的な提案になります。

このように、お客様のご要望やスタイルに応じて、それぞれ積雪に強い家づくりを提案しています。
「雪国に最適な暮らしを実現する」ことにこだわる、皐工務店ならではのご提案です。


十日町本社
十日町市の本社ギャラリー
ビルトインガレージ耐雪住宅です
いつでも来場をお待ちしています
本社ギャラリー詳細はこちら

皐工務店へのお問合せ
土地探し・資金計画など、
基本的なご相談から承ります。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから

皐工務店ブログ

耐震100%

FACEBOOK

耐震構法SE構法

フラット35